18歳未満は食べるの禁止!悶絶必至の「18禁カレー」作った人に話を聞いてみた

 暑い時期に無性に食べたくなるカレー。夏バテした時でも、あのスパイシーな香りを嗅ぐと自然と食欲がわいてくるのは何故でしょうか。しかし、こちらのカレーはそうとは限らないかも? 

 全国でもトップクラスの農業市、茨城県鉾田市に拠点をおく磯山商事さん販売の「18禁カレー」シリーズ(店頭価格参考1000円~)。Twitterでは、「18禁カレーの辛さ半端ない!!!20分くらいずっとハアハアしてる」「辛いよりイタい!本当にイタい!!」など衝撃的な言葉が並びます。

 興味本位で購入したことを後悔しつつ、筆者も食べてみました。パウチからカレーを皿に流し入れる時点で、もう目がシパシパする! 独特の香りとともにいざ実食してみると……、味がわからない。しばらくすると舌がピリピリし始めて、一瞬で口の中が辛さで支配されおいしさ云々の話ではなくなるほど。なぜこのような辛いカレーを作ろうと思ったのか、ナゾ過ぎるので磯山商事さんに話を聞いてみました。


――18禁カレーを企画した経緯を教えてください。

何か雑貨屋さんで売れる面白い商品を作ろうと考えていたところ、そうだ!食べられないくらい辛い激辛レトルトカレーを作ろうと思いつきました。

まずは、辛い唐辛子を探して試作試食を重ね激辛レトルトカレーを完成させました。18禁と言う名前は、こんなに辛いカレーは子供には絶対に食べられないと思い「18歳未満食べるの禁止」の意味で「18禁カレー」と名付けました。実際のところ年齢制限はなく、多くの学生さんたちが「痛い、辛い」と言いながら食べています。辛さ表記(甘口、辛口など)も18禁カレーを食べたほとんどの方の第一声が「痛い、辛い」と言われるので、「痛い、辛い」を合わせて「痛辛(イタカラ)」としました。

――商品名も斬新ですが、なぜそこまで激辛にこだわったのでしょうか? 私も取り寄せて「18禁カレー痛辛」を食べてみたら、舌にピリピリとくる辛さがなんともいえなかったのですが、どのような辛味成分を使用しているのですか?

辛さのこだわりですが、中途半端な辛さでは、面白くなく話題にならない。雑貨屋向けという商品価値がなくなってしまうため、美味しさを犠牲にして辛党でも食べられないくらいの辛さを追求する商品にしました。

本当は辛味を程よくすれば物凄く美味しいカレーです。中身は国産の鶏肉と野菜、化学調味料不使用のやさしいカレーです。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる