あなたは勘違いしてませんか? ある病院のトイレに貼ってあった「トイレットペーパーを三角折りにしないでください」の言葉に改めて考えさせられた!

ホテルやレストランで、トイレットペーパーの端っこが『三角折り』になっていること、よくありますよね。

実は今、この『三角折り』が大変話題になっているんです。

【『トイレットペーパーを三角折りにしないでください』その真意とは ?】

こちらは、 Twitterユーザーの にゃーこ(@ Lhn_087 )さんが投稿したもの。

写真は病院のトイレの貼り紙でしょうか、注意書きとしてこのように書かれています。

患者さんへお願い

トイレットペーパーを三角折りにしないでください

用を足した後の手を洗う前に、トイレットペーパーを折ると、便中や尿中(感染している場合)の細菌などのに微生物が付着し、細菌感染する可能性が高くなることがあります。

なるほどなるほど。確かに、用を足した後の手でトイレットペーパーを折るとなると、手を洗う前の状態であるわけだから、何か感染系の病気にかかっている場合は、危険な行為になりますね。例え感染症になっていなくても、気になる人にとっては気持ちのいいものではないかもしれません。

 

 

 

Twitterでの反応は・・?

一方こんな意見も

いやはや、様々な意見がありますね。

Twitterには、他にもたくさんの方の声があがりましたが、圧倒的に多いのはやはり『清掃完了のしるしに折るぶんにはいいが、利用者にはおらないで欲しい』という声でした。

見た目が上品だから 次の人がとりやすいから と、気遣いの気持ちからやって人が多いとは思いますが、この『三角折り』、衛生の観念からも、次の人の心象も、『しない』という選択をした方がよさそうですね

【引用元】

https://twitter.com/Lhn_087/


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる