安倍首相、連日の激務で右脚の股関節周囲炎でダウンも多くの励ましの声「総理の健康状態は日本を左右します」

安倍晋三首相が15日、自身のツイッターを更新して話題になっている。

この日の安倍首相の投稿には「昨日以来、このツイッターでも、私に対して、皆さんから心温まるメッセージを頂きましたことに、御礼を申し上げます。本日予定していた広島訪問は、小此木防災大臣に代わってもらいますが、現場の声やニーズを、一日も早い復旧復興につなげていくとの思いに変わりはありません」と、西日本の記録的な豪雨災害についてつづられていた。

昨日以来、このツイッターでも、私に対して、皆さんから心温まるメッセージを頂きましたことに、御礼を申し上げます。本日予定していた広島訪問は、小此木防災大臣に代わってもらいますが、現場の声やニーズを、一日も早い復旧復興につなげていくとの思いに変わりはありません。

— 安倍晋三 (@AbeShinzo) 2018年7月15日

安倍首相は、15日に広島県内の被災地の視察を予定していたが、右脚の股関節周囲炎のため取りやめ、小此木防災大臣が代理で広島訪問をした。

このツイートを見たユーザーからは「身体を休めるのもお仕事ですから。できるだけ、心もお休みさせて下さいね」「無理をされていたのですね。安倍総理は1人しかいません。お辛いでしょうが、今はとにかくお身体を大切にしてください」「みんなで分担して、みんなでやれることをやりましょう!ひとりで抱え込んではダメですよ」「安倍総理の健康状態は、もはや日本の健康状態を左右します。くれぐれも、ご無理をなさらず、ご自愛ください」というような、あたたかいコメントが多く寄せられていた。

多くの国民は安倍首相が一日も早く回復し、フル回転で働いてくれることを願っているだろう。


×
fbでシェア
lineでシェア