喫煙者&非喫煙者に調査 タバコの吸い殻ポイ捨て経験率がヤバイ

(Sandra Dombrovsky/iStock/Thinkstock)

年々下がる喫煙率により、タバコを吸う人の立場はどんどん悪くなっている。そんな状況の中で吸い殻のポイ捨てをすれば、批判はさらに高まるだけである。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の喫煙者と元喫煙者の男女561名に「吸い殻について」の調査を実施。

「タバコの吸い殻をポイ捨てしたことがある」と答えた人は、全体で47.8%。半数近くもの人が、ポイ捨てをした経験があるのだ。

■ポイ捨てが当たり前の時代

性年代別では、40代以上の男性が6割を超える高い割合になっている。

かなり昔は、電車の中などあらゆる場所で喫煙できた。そしてポイ捨てを気軽にする人も、多かったのだろう。

「昔は駅のホームで吸って、そのままポイ捨てするのが当たり前って感じだった。私も子供ながらにそれを見て育ったから、吸い始めた頃はポイ捨てしてた。今は、反省している」(40代・男性)

「タバコを吸ってポイ捨てするのが、かっこいいと思っていた時期があった。どう考えても、かっこ悪いんだけど…」(40代・男性)

■ポイ捨てをする人はゴミも放置

タバコの吸い殻をポイ捨てする人は、ゴミもきちんと捨てないとの声も。

「タバコの吸い殻に限らず、ゴミ箱に捨てる概念がない知り合いがいる。その辺に置いたまま、立ち去るのが当然みたいな考え。人間としての常識さえないのが、悲しすぎる…」(40代・女性)

今まで出会った喫煙者は、ポイ捨てする人ばかりだったという女性もいる。

「今まで出会ったタバコを吸う人は、みんなポイ捨てする人ばかり。付き合った人にもその辺に捨てる人がいたけど、私も嫌われたくないから注意ができなくて…」(30代・女性)

■立場が悪いからこそ…

タバコを規制する動きが高まる中だからこそ、喫煙者はしっかりとマナーを守るべきとの声もある。

「タバコを吸うってだけで、立場が悪い状況。だからこそマナーを守って、非喫煙者に不快な思いをさせないようにしないと。

ただ、やっぱりタバコは『不良の入り口』だっただけあって、ガラの悪いまま大人になった喫煙者もいる。そのような人たちには、灰皿に捨てることのほうがかっこ悪く思うのかも」(40代・女性)

肩身の狭い喫煙者が、一部の人のポイ捨てによりさらに叩かれてしまう。悲しい悪循環を終わらすためにも、マナーは守りたいものだ。

・合わせて読みたい→休憩多くない? 非喫煙者から「勤務中の喫煙」に対して批判の声

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代喫煙者と元喫煙者の男女561名 (有効回答数)

fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる