“可愛いヤキモチ“なら大歓迎♡愛しさが増す「彼女の拗ねる仕草」

彼氏と過ごしている時、思わず拗ねてしまうような場面はよくありますよね。
そんな時、拗ね方によっては彼にめんどくさいと思われてしまうことも。

そこで、愛しさが増す「彼女の拗ねる仕草」をご紹介します。

(1)服の裾を引っ張る


『服の裾とか引っ張られて、上目遣いで見られたりした、すぐに抱きしめちゃいます』(28歳/アパレル)

彼に不満を感じた時に、本気で感情的になるとめんどくさいと思われてしまいます。
そのため、拗ねていることを相手に伝えたい時は、俯きながら服の裾を引っ張る、などの方法がおすすめ。

引っ張る際には、力を入れ過ぎると威圧感が出てしまうので、摘んで少し引っ張る程度にしましょう。

そうすることで、かわいさをアピールすることに繋がります。

(2)言葉と行動のギャップ


『怒ってるくせに、離れない姿とか見てるともう可愛くってちょっと、放置しちゃいます』(31歳/コンサル)

女性が怒ると男性は引いてしまいますが、拗ねるという行為は、方法次第では愛おしいと思わせることが出来ます。
言葉では怒っているのに、さりげなく隣にくっついて座るなどの行動は、男性をキュンとさせるかも♡

そうした言葉と行動のギャップをうまく利用し、思わず愛おしく感じるような、かわいい女性を演出してみましょう。
そうした方法で、拗ねるという行為にネガティブな印象を与えないようにすることがポイント!

(3)ヤキモチはかわいくほどほどに


『嫉妬されたくない人なんているの?拗ねるくらいだったら可愛いし、してほしい!』(29歳/商社)

女性が拗ねる理由として最もありがちなのは、ヤキモチ。

ヤキモチはしつこくなるとうっとうしいと思われ、男性に嫌がられる傾向にあります。
しかし、程良いヤキモチは女性のかわいさを引き出します。

そのため、ヤキモチが理由で拗ねる際には、かわいさを意識することで、男性は愛おしさを覚えます。
しつこくせずほどほどに妬くことが大事。

(4)体育座りでいじける


『小さくなっていじけてるのって子供みたいで可愛いですよね。ギュッとしたくなります』(26歳/広報)

女性が拗ねる仕草として、体育座りで背中を丸める姿は、哀愁が漂い無性に愛おしさが感じられます。
その際には、小さい子供がいじけるようなイメージで、背中を丸めるのがポイント。
そんなわかりやすい、単純な女性の仕草は、男ウケする傾向にあります。

そのため、拗ねる際にはわかりやすい仕草で、かわいさを演出してみましょう。
そうした行動は、男性が愛おしく思うような、かわいい拗ね方に相応しい方法と言えます。

----------

愛おしさが増す「彼女の拗ねる仕草」は、かわいらしさを含んだ行動がポイントと言えます。
そうした仕草で彼の心を和ませ、愛おしいと思われるようなかわいい彼女を目指しましょう。

(文/恋愛jp編集部)


×
fbでシェア
lineでシェア